「勉強しなさい」と言わなくても子どもが自ら勉強する言葉とは

子どもが中学3年生になると、いよいよ高校受験の準備をするとき。しかしその大事な時期に、親が間違った声かけをしてしまうと、思春期の子どもは自ら勉強するどころか宿題すらやらなくなってしまいます。そこで今回は、思春期の子育てアドバイザーであり、サポートした親子は志望校への合格率97%という実績を持つ道山ケイ氏の新刊『高校受験 志望校に97%合格する親の習慣』(青春出版社)から、子どものやる気を削いでしまう“イライラ言葉”を紹介します。

6コメント・2020年04月01日05時23分

  • ダイヤモンド・オンライン

    【子どものやる気を削いでしまう“イライラ言葉”とは?】テストの成績が落ちて、もしスマホやゲームを取りあげるなら、最初にあることをしておく必要があります。

    2020年04月01日 12時23分

  • わしかづ

    癖と欲求だよな ニュース3面鏡

    2020年04月01日 10時23分

  • 道山ケイ@思春期の子育てアドバイザー

    さんが記事を掲載してくださいました!本当に感謝です ニュース3面鏡

    2020年04月01日 10時23分

  • ranko

    ニュース3面鏡 (Diamond Online) #NewsPicks

    2020年04月01日 08時23分

  • viper0

    () 成績が下がってもスマホやゲーム機をむやみに取り上げない方がいい理由とは

    2020年04月01日 05時23分

  • News Japan

    () 成績が下がってもスマホやゲーム機をむやみに取り上げない方がいい理由とは #ニュース #NewsJapan

    2020年04月01日 05時23分

今日のランキング