子どもの休校に収入消滅…貧困家庭をコロナから救えるのは「現金」しかない

コロナ禍は、日本の女性が抱える育児と仕事の両立という困難な課題を、さらに困難にした。特に深刻なのは、シングルマザーなどの貧困女性だ。不況で仕事がなくなった上に、全校休校で学校に行けなくなった子どもが家にいる。彼女たちを救えるのは「現金」しかない。

7コメント・2020年04月04日08時23分

  • 公益財団法人あすのば-子どもの貧困対策センター-

    代表の小河光治がコメントを寄せさせていただきました。

    2020年04月04日 16時23分

  • ダイヤモンド・オンライン

    【コロナに泣くシングルマザー】コロナ禍はで特に深刻なのは、シングルマザーなどの貧困女性の生活です。不況で仕事がなくなった上に、全校休校で学校に行けなくなった子どもを養う彼女たちを救えるのは、「現金」しかありません。

    2020年04月04日 15時23分

  • お助け

    みわよしこ 「給食センターのパートは、給食のない春休み・夏休み・冬休みは収入が途絶えることだ。 収入の目処がなく途方にくれてい…

    2020年04月04日 12時23分

  • みどべぇ

    兎に角生活を守るには「現金」…

    2020年04月04日 11時23分

  • みわよしこ/Yoshiko Miwa, a journalist

    ドジョウすくうならザルでいいけど、同情するならカネをくれ!

    2020年04月04日 11時23分

  • 石川一敏

    現在の日本で、貧困家庭が子どもを育てるということが充分に理解されていない。みわよしこさんのコラム。 今は、貧困でない世帯でも子育てが難しくなっている。今回の休校は、育児と仕事の両立という困難な課題を、さらに困難にした。

    2020年04月04日 09時23分

  • N.吉田

    子供こそ未来なのに、この国は。

    2020年04月04日 08時23分

今日のランキング